観光

100円で学んで知ろう小牧の歴史『れきしるこまき』|駐車場・講座情報あり

小牧市在住のみなさま、小牧市の歴史をご存知でしょうか。小牧山が身近な存在であるがゆえに、深く学びたいと思う機会はなかなかありませんよね。私もその1人でした。

小牧山には2019年4月25日にオープンした『れきしるこまき』という施設があります。歴史に興味のある方、また学校で歴史を学んでいるお子様はより楽しんで学べる市営施設です。

今回は「何かオープンしたとは聞いたことはあるけど楽しめるの?」と行くのをためらっている方に『れきしるこまき』の魅力を1分で解説していきます。

施設名 れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)
開館時間 AM9:00〜PM5:00 *有料エリアはPM4:30まで
休館日 第3木曜日(祝日の場合は翌平日)年末年始
入館料 大人100円・中学生以下無料
住所 愛知県小牧市堀の内一丁目2番地
電話番号 0568−48−4646
公式HP http://komakiyama.com/rekishiru/

れきしるこまきの概要/入館料

『れきしるこまき』はMEGAドン・キホーテUNY小牧店側の小牧山のふもとに位置します。2019年にオープンしたばかりなので館内はキレイで落ち着いた色合いを基調とした1階建てです。

近年の発掘調査で明らかとなった小牧・長久手の合戦や、織田信長が築いた小牧山城の歴史について模型や映像を多く使って分かりやすく紹介されており、プロジェクションマッピング映像等を使って楽しく歴史を学ぶことも可能です。

入館料は大人100円・中学生以下は無料
*れきしるこまきの入館料を払えば山頂にある小牧歴史館も入場可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

龍神 護人(@ryujin.morito)がシェアした投稿

大きく分けて4つのスペースで遊べる!学べる!

館内はそこまで広くないですが大きく分けて主に以下4つのスペースで楽しむことができます。

  1. 城郭シアター
  2. 常設展示室
  3. 石垣模型
  4. 戦国プレイベース

1.城郭シアター

信長、秀吉、家康が関わった城の紹介を映像表現を用いて壁面と床面に展開されています。
映像を見ればお城により興味が湧いてきますよ!

出典:館内紹介 _ れきしるこまき _ れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)

2.常設展示室

戦国時代を切り口に歴史の表舞台に登場する小牧山が紹介されています。織田信長の小牧山城築城のドラマや、小牧山をめぐる三英傑に関連する歴史上の人物を画像や音声を通して学ぶことが可能です。
教科書の文章だけでは想像できない歴史上ドラマを体感することができます。

3.石垣模型

プロジェクションマッピング映像を模型に投影し小牧山山頂で確認された石垣の1・2段目を実際のサイズで表現されたり、推定される小牧山城築城当時の姿が投影されます。
自分の背丈より大きく映し出された映像は迫力があって面白いですよ!

出典:館内紹介 _ れきしるこまき _ れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)

4.戦国プレイベース

石の模型が置いてあり触れることができるため、実際に石を運んだり積むなどの体験から石垣についての知識を深めていくことができます。
普段道に落ちている石とは違い、当時の石垣を体感できるコーナーです。

れきしるこまきに行くなら無料駐車場に停めるべし!

小牧山北駐車場は終日料金30分100円(最初の2時間は無料)で駐車可能です。
ただし小牧市役所駐車場は終日無料。当館まで徒歩約5分なので小牧市役所に駐車することをオススメします。

定期的に開催ーれきしるこまきの無料講座ー

れきしるこまきでは定期的に専門の講師を招いた無料講座を行っています。自分とは異なる視点から講師が楽しく歴史について話してくれます。毎回満員で締め切られるので参加したい方は早めに電話かメールで予約しておきましょう。

次回の講座は公式Twitterや公式HPでチェックしてみてください。

れきしるこまき まとめ

小牧市在住の方は小牧山には遊びに行く機会は多いと思いますが、実はこのような素敵な施設がひっそりオープンしていました。館内はそこまで広くないので小牧山に遊びにきたついでに行くことをオススメします。入館後は小牧山城が身近にあることを誇らしく思うことでしょう。歴史を含め自分の地元を知りたいと思うきっかけになるかもしれません。

れきしるこまきの入館料を払えば山頂の小牧市歴史館にも入館できるので両方行くことをオススメします。小牧市歴史館では毎週土曜・日曜に忍者衣装が500円で試着できますよ。
お子様も大人も学ぶことができる施設になっているので興味がある方は是非行ってみてください。

ABOUT ME
コマキタイムズ編集部ライター Mi
コマキタイムズ編集部。ライター。

誤字・脱字や情報に誤りがある場合はこちらまでお問い合わせいただくか記事にコメントをいただけますと幸いです。

あわせて読みたい関連記事はこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。